丸い漢方薬

突然頭の中がぐるぐるするといっためまいの症状を感じたことがある人もいるかと思うのです。
めまいにはさまざまな原因があり、重いものから軽いものまで考えられるのです。
突然おきるとパニックになってしまい不安になってしまいがちですが慌てることは危険なのです。
そんな時は頭を動かさずに楽な姿勢になること、衣服をゆるめて楽な格好になること、静かな部屋で目をとじて安静になること、心を安静に保つことが大切なのです。
光が脳を刺激して症状を悪化させてしまうこともあるので光の刺激は最小限にしましょう。
外出中におきた場合は無理に歩こうとしないで一旦その場でしゃがむことが大切です。
それでも治らないようでしたら救急車を呼ぶようにしましょう。

めまいの予防には漢方やサプリが有効です。
決められた回数、量の摂取を日々続けていくだけなので、最も手軽な方法と言えます。
めまいの原因や対処法、予防に効果的な漢方やサプリについて取り上げていきます。

めまいの種類

運転中の時は危険なので車を路肩に止めてエンジンをきってからシートを倒して横になるようにするといいでしょう。
電車やバスの中でおきた時は乗り物の揺れで症状が悪化する場合があるので次の停留所で降りてから休むようにするといいでしょう。
めまいがおきる原因として、メニエール病、貧血、中耳炎、前庭神経炎、脳脊髄液減少症、良性発作性頭位めまい症などが考えられるのです。
自分自身がぐるぐると回っていたり、周りがぐるぐると回っているようにみえる症状の回転性の場合とまっすぐ歩けなくてフワフワとした感じで姿勢がまっすぐに慣れない状態でふらつく症状の動揺性の2種類があるのです。
回転性の場合にはメニエール病や前庭神経炎などが考えられて、動揺性の場合には脳出血や脳梗塞などが考えられるのです。

周りの対応

もし周りの人がそのような症状になっていたらゆっくり休ませてあげることが大切です。
本人が楽な姿勢であればどのような格好でも大丈夫です。
嘔吐をすることもあるので汚物で喉を詰まらせないように横向きに寝かせてビニール袋や洗面器の用意をしておくといいでしょう。
めまいがおこった時に脳の病気かどうかを知ることが大切です。
呼びかけても返事がない時、今までに経験したことのない頭痛がある時、吐き気が治らない時、目が片方に寄って動かない時、ろれつが回っていない時、手足が動かなくて痺れる時などの症状も一緒にあればすぐに救急車を呼ぶようにしましょう。
脳梗塞やくも膜下出血の可能性があるのです。
漢方で症状が改善されることもあるので試してみるのもいいでしょう。

オススメリンク

めまい漢方サプリ

漢方薬というものは古代中国を起源としており、その歴史は何千年…Read more

サプリの価格

めまいとは、体のバランスを保つ機能に問題が生じることで立ち上…Read more

関連リンク

カテゴリー
アーカイブ